イグナイトエクゾディア-ホープ型(ver20150707) イグナイト・デリンジャー追加

《イグナイト・デリンジャー》
ペンデュラム・通常モンスター
星5/炎属性/戦士族/攻2400/守1200
【Pスケール:青2/赤2】
(1):もう片方の自分のPゾーンに「イグナイト」カードが存在する場合に発動できる。
自分のPゾーンのカードを全て破壊し、
自分のデッキ・墓地から戦士族・炎属性モンスター1体を選んで手札に加える。
【モンスター情報】
仲間たちからちやほやされているイグナイトの紅一点。
自慢の武器は敵よりも味方を射止める事の方が多いが、
文句を言える者は誰もいない。
●サンプルデッキ
モンスター:24
2:イグナイト・キャリバー
2:イグナイト・デリンジャー
3:イグナイト・ライオット
3:イグナイト・ドラグノフ
3:イグナイト・マスケット

2:イグナイト・マグナム
1:右手
1:右足
1:左手
1:左足
1:レスキューラット
3:王立魔法図書館
1:封印されしエクゾディア


魔法:16
1:増援
1:一時休戦
3:成金ゴブリン

2:テラ・フォーミング
2:召喚師のスキル

2:エクシーズチェンジタクティクス
3:チキンレース
1:擬似空間
:イグニッション・P


エクストラデッキ:15
1:炎星皇-チョウライオ
1:ダイガスタエメラル
1:ラヴァルバル・チェイン
3:No.39 希望皇ホープ
2:CNo.39 希望皇ホープレイ
1:SNo.39 希望皇ホープONE
1:アーティファクト-デュランダル
3:SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング
1:セイクリッド・トレミスM7
1:No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ


調整候補
1:召喚僧サモンプリースト
1:プトレマイオス

●変更点
キャリバー2→1
イーグル2→デリンジャー2
召喚士のスキル1→2

星5以上の通常モンスターが増えたためスキルが腐りにくくなる
デュランダルの召喚確率の向上
デリンジャーの打点は2400のため戦闘力が向上した
スキルを増やしたことにより先行図書館の確率が微増

●戦略
図書館とエクシーズ・チェンジ・タクティクスによる大量ドローでエクゾディアを揃える
このデッキでエクシーズ・チェンジ・タクティクスは6枚ドローになることも多い

図書館あったらほぼ勝ち(このデッキで初手に図書館は4割程度か【メモ】初手にヴェーラー、図書館 握る確率
普通の図書館エクゾと違ってライトニングでのビートダウンも可能
ライトニングを2体だせることはよくあるので相手にとっては脅威となる

●概要
図書館からのイグナイトの連続サーチ、ドローカードでデッキを圧縮しエクゾディアをそろえる

①図書館通常召喚

②イグナイトをPセット&サーチ、魔法発動でカウンターをためてドローを繰り返す

③途中で止まる(図書館、エクゾパーツをドローで止まることが多い)

④ペンデュラム召喚 (図書館2枚目以降、エクストラデッキに貯めたイグナイト)ここで図書館2体目がでれば手札は増えつけるため実質勝ち

⑤ ④からのエクシーズ召喚(デュランダル、チョウライオ、トレミス、ホープ)
  ※デュランダルはリロード、チョウライオ、トレミスは手札補充、ホープはエクシーズチェンジタクティクスがある時
  
⑥再び②へ

また、図書館がこなくても初手にエクシーズチェンジタクティクスがあれば、イグナイトをためてホープの連続エクシーズ召喚からドローで図書館を引いて図書館通常召喚というパターンもある

●注意点
イグナイトをスケールセット、サーチする時はスケール2と7がいつも揃うようにする
できるだけ☆5、4を優先してサーチする(状況によって優先順位はかわる)
手札によって、デュランダル、チョウライオ、トレミス、ホープのどれを出すべきかを意識する

●備考
イグナイトデリンジャーが登場したことによって、キャリバーの対となる☆6のスケール7イグナイトの登場可能性も高い
もし登場したら☆3のマグナムを解雇、チョウライオの解雇が考えられる