デッキ、始動の改善です。会局1枚というシンプルをあえて別のスタートに変えることを考えました。

ここでアイデアとなったのがかつてのイグナイトノーデンワンキルです 
イグナイトノーデンについては書くと長くなりそうなので今は省略しますが

このデッキは☆4モンスター3体でワンキルができましたがイグナイトモンスターが始動パーツとなるため始動パーツが多いにもかかわらず
先行1キル率はそこそこ高いものでした

また、始動パーツは多いのですが始動パーツ濃度をデッキの構築によって上げることができるデッキでした

イグナイトモンスターにこだわらず☆4を3体出すデッキならどんなデッキでもいいということです。
このときに思いついた☆4ペンデュラムを大量に搭載したデッキがつくれるかも?というアイデアでした

変な話デッキ上限が60枚でなければ1000枚の☆4ペンデュラムモンスターのとコンボパーツが入ったデッキができれば

始動パーツ濃度が大幅に上昇し途中パーツ濃度が大幅に減らせるのです

厳密にはスケールかぶり問題による確率減少も考慮する必要がありますがわずかな問題なので今回はふれません


この考えの応用すればモルモラットを会局1枚以外にもモルモラットをペンデュラム召喚や☆3+☆3+αなどでの始動も始動パーツ数は増えますが
始動パーツ濃度が上昇できれば会局1枚ワンキルよりも確率の高いデッキができる可能性が出たということです

デッキも模索しますがルートが変わるので今度は同時にルートの模索が必要になってきます。

モルモラットをペンデュラムはモルモラットサーチカードが多けれどもなかなか増やせないので私は33インヴォーカー+αルートを考えることにしました

みなさんも別のアイデアが出てくるかもしれません、よければ考えて見てください