前記事で見えてきた課題
Ⅰ初手からワンキルなどコンボ成功へのルートに不確定要素があるかないか

ない→成功、失敗の判断は初手のみで確定

ある→成功、失敗の判断は初手のみで不確定

Ⅱ不確定要素の種類

①ルートの不確定性
ルートはある結果(コンボ、ワンキルの成功)にむけて最適であると推測される行動を現在の状況を読み取りながら逐次実行

例 図書館ワンキルなどではどのドローソースを優先して使うべきか?もくじでどのカードをサーチすべきかなど

②ランダムドロー

③サイコロ、コイントスなど


その他

Ⅱの不確定要素の種類と回数が多いほど成功確率検証が難しくなる

考察不足ですがこんな感じでしょうか?

5/11追記
ランダムなドローでもドロー先のランダム性のループへの影響度も関係することが分かりました

例えば ランダムなドローでもそのドローしたカードによって次の行動が確定になるか、不確定になるかということです
抽象的すぎるのでまたそのうち例を挙げてみます